めとめでーた

長編AAスレが中心です。他にないやる夫ややらない夫を見たいならここ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。  

442 :ローカルルール変更議論中@VIP+:2009/06/08(月) 02:01:37.32 ID:zRDOF6X+0
 遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
 「あそこでみんな死んでいったんだ……」
 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。

 太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
 老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
 日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。

 やがて戦況は日本に不利となり、
 いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。

 仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
 日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。
 それを聞くなり隊長は激高し叫んだという
 

 「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
 

 日本人は仲間だと思っていたのに……みせかけだったのか。
 裏切られた想いで、みな悔し涙を流した。

 船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
 村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。

 しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。

 そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
 先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。

 その瞬間、彼は悟ったという。
 あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと……。



スポンサーサイト


テーマ : (´∀`) - ジャンル : ブログ



この記事をリンクする?:


[ 2009/06/12 12:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログのいろいろ
名前:けじま
テハミンググの飛び地に在住。
長編AA中心にやっています。
ネタがないときはコピペや素材AAを投下しています

相互リンク&RSS募集中

タレコミも募集中
このブログについてを見てね

フリーエリア
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。